トップページ > 事業 > 小地域ネットワーク事業
小地域ネットワーク
小地域ネットワーク事業(ふれあいチームの組織化)

 白老町社会福祉協議会では、地域における住民相互のたすけい活動のひとつとして、小地域ネットワーク活動を推進しております。

なぜネットワークが必要なのか?
 
近年、私たちを取り巻く社会情勢は大きく変化し、少子高齢化社会と核家族化の進行、深刻化する高齢者介護、介護保険制度の導入によって福祉へ対する意識改革が求められています。このような中、私たちを取り巻く地域社会全体が変わり行く時代に、住民ひとりひとりの生活をみんなで見守り、差さえあっていく『小地域ネットワーク活動(ふれあいチームの組織化)』が必要なのです。
 また、要援護世帯というのは、とにかく孤立がちになります。訪問活動によって当事者を支え、励ましていくことで安心して暮らすことができ、いざという時にも速やかに対応できる体制が出来ます。


 白老町における小地域ネットワーク活動の推進(申請)状況

  24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
結成町内会数 61 64 65 65 64
世帯数 5,519 5,737 5,543 5,475 5,391
協力員数 969 1,077 1,050 916 917
見守り世帯数 889 765 760 727 767

(地区別)

 

町内会数

24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
結成数・率 結成数・率 結成数・率 結成数・率 結成数・率
社台地区 3 2 66.7% 1 33.3% 1 33.3% 1 33.3% 1 33.3%
白老地区 41 17 41.6% 20 48.8% 22 53.7% 22 53.7% 23 56.1%
石山地区 8 5 62.5% 5 62.5% 5 62.5% 4 50.0% 5 62.5%
萩野地区 13 10 76.9% 10 76.9% 10 76.9% 10 76.9% 11 84.6%
北吉原地区 16 12 75.0% 12 75.0% 12 75.0% 13 81.2% 9 56.3%
竹浦地区 15 10 66.7% 11 73.3% 10 73.3% 10 66.7% 10 66.7%
虎杖浜地区 8 4 50.0% 5 62.5% 5 62.5% 5 62.5% 5 62.5%

104 61 58.6% 64 61.5% 65 62.5% 65 62.5% 64 61.5%

 

ページトップへ戻る